FILSON | フィルソン のバッグ専門通販店舗【FILSON LOUNGE】  全国送料無料でお届けします
FILSONの歴史について
2016-06-12 フィルソンラウンジ
FILSONの歴史

FILSON(フィルソン)は創業100年以上の老舗とも言える企業で、今なおアメリカ国内での生産を守り続けています。「FILSONのロゴは信頼と同義である」と言われるほど、その品質は高い評価を得ています。FILSONの創業から現在に至るまでの歴史について紹介します。

 

創業

FILSONは1897年にアメリカのワシントン州シアトルで創業しました。

ゴールドラッシュ当時の写真

ゴールドラッシュ当時の写真

当時、カナダ北西部~アラスカ州のユーコン地域では金鉱が発見され、そのニュースがシアトルに伝わると、多くの冒険者や実業家たちが一攫千金を夢見て集まり、ゴールドラッシュが起きました。

チキンナゲットサイズほどの金の塊は、カナダの奥深くの手付かずの自然の中の川に散乱していました。しかしながら、簡単に採掘できる環境ではなく、場所によっては-40℃にもなる厳しい環境は採掘者にとって命懸けでした。

多くの採掘者は、その地域の過酷な環境に対する十分な準備ができておらず、シアトルの用品商に装備品についての支援を求めました。CC FILSON(創業者)はすぐに、「丈夫な素材」、「高い強度」にこだわった、品質の高いウェア・バッグなどの装備品を生産・供給しました。

 

 

ゴールドラッシュの終焉

金はすぐに採り尽くされ、ゴールドラッシュは数年で終わりを迎えます。

当時の伐木作業者たちの様子

当時の伐木作業者たちの様子

FILSONは、その地域の伐木作業者向けに暖かさと丈夫さを備え、過酷な環境の中で使い続けられる製品の開発・供給を続けました。FILSON製品は労働者たちの支持を得て、ゴールドラッシュの終焉で失った顧客を取り戻しました。いつしかアラスカ・北米大陸北西部で働く人々から「FILSONのロゴは信頼と同義である」と言われるようになっていました。

その後、FILSONの名は「Gold Standard」(”過酷な金採掘作業に耐えられた装備”の意味)として、労働者だけでなく、チルクートトレイル(Chilkoot Trail、金採掘者たちの辿った探検コースを体験するハイキング)の初心者から経験豊富なアウトドア愛好家まで広く知られるようになりました。

 

 

FILSONの現在

FILSONの現在 エントランス

FILSONの現在 工場

 

FILSONはゴールドラッシュの時代から顧客の要求に応え続けてきました。「”FILSON”のラベルがついたすべての製品がFILSONを象徴している」という理念の下に、常に製品を改良し、品質を保ち、ブランドを維持してきました。

他の多くの企業が質より量、そしてコストダウンを求めて生産拠点を外国に移す中、FILSONは創業時からアメリカ国内での生産を守り続けており、今ではアメリカの代表的なブランドの一つとも言われています。

また、創業から100年以上経った今でもFILSONの品質へのこだわりはしっかりと受け継がれており、アウトドア愛好家や軍隊、ビジネスマンなど「確かな品質」を必要とする人々に愛されています。