FILSON | フィルソン のバッグ専門通販店舗【FILSON LOUNGE】  全国送料無料でお届けします

【徹底比較】 FILSONのブリーフケース 70256と70257

【徹底比較】 FILSONのブリーフケース 70256と70257
2016-06-17 フィルソンラウンジ
【徹底比較】 FILSONのブリーフケース 70256と70257

FILSON(フィルソン)には定番と言われるバッグが多数ありますが、ブリーフケースにもあります。今回はFILSONのブリーフケースの定番と言われる”オリジナルブリーフケース 70256″と”ブリーフケース コンピューターバッグ 70257″について比較してみたいと思います。

FILSONのブリーフケースに興味があるけれど、よく似ているこの2つの違いや、どちらが自分に合っているか分からないという方の参考になれば幸いです。

 

外観・外側の構造について

まずは外観について比較します。

 

以下では、それぞれ256、257という略称で呼びます。

 

外観の共通点

シンプルなデザイン

ほぼすべてのFILSON製品に言えることではありますが、どちらもシンプルなデザインです。ビジネスでもプライベートでも使いやすいです。

 

メインポケットはジッパー付き

メインポケットにはジッパーが付いています。そしてジッパー部分を保護するようにスナップ留めのカバー(蓋)が付いています。(ストームフラップ構造)

 

両面に全幅のポケット

前面、背面にそれぞれ全幅のポケットが付いています。

 

ショルダーストラップ付き

最高品質のブライドルレザーを使用したショルダーストラップが付いています。ショルダーストラップは長さ調節が可能で、付け外しもできます。外したストラップは中にしまっておけばいつでもすぐに取り付けて使うことができるので便利です。

 

外観の違い

持ち手

[256]ハンドグリップが付いていません。その分、バッグを開ける際の手間が少なく、物を出し入れしやすくなっています。

[257]持ち手をまとめられるスナップ留めのハンドグリップが付いており、持ちやすくなっています。また、床などに置いた時やショルダーストラップで持ち運ぶときに、持ち手が横に広がらず、邪魔になったりしません。

持ちやすさと開けやすさのどちらを重視するかで、どちらのブリーフケースが良いか悪いか人によって変わると思います。

 

ショルダーストラップのアタッチメント(留め具)

[256]11070256 ショルダーストラップのアタッチメント

アタッチメント部分のブライドルレザーが、生地に直接縫い付けられています。

[257]11070257 ショルダーストラップのアタッチメント

アタッチメントよりも一回り大きいブライドルレザーのプレートを生地に縫い付け、そこにアタッチメントを縫い付けてあります。バッグのコンセプトである、ノートPCや重いものをたくさん持ち運ぶために、より丈夫な作りになっています。

 

置いた時の自立性

[256]比較的マチ幅が狭いので、自立しにくいです。

[257]マチ幅が広く、底面がしっかりしており、自立しやすくなっています。

 

全体的なサイズ感

全体的なサイズ感 左257、右256

全体的なサイズ感 左:257、右:256

[256]割りとコンパクトな作りで扱いやすく、普段荷物が少なめな方に適しています。

ノートPCを入れることはサイズ的には可能ですが、257のような専用のパッド加工が施されたポケットはありません。

[257]256に比べると257は大きく、人によってはかさばると感じるかもしれません。

ノートPCやタブレット端末を保護するためのパッド加工が施されたポケットが付いているので、日常的に端末を持ち運ぶ人に適しています。

たくさんの本や資料、ノートPC、ペットボトルやタンブラーなど、たくさんの荷物を持ち運ぶ方には収納力の高い257の方があっていると思います。

 

内側の構造

内側の構造については、外観のように項目ごとに比較するのが難しいので、それぞれの特徴をまとめました。

[256]

FILSON ORIGINAL BRIEFCASE 11070256

Otter Green

かなりシンプルな作りになっています。

両面には全幅のポケットがあり、中央のスペースは広々としています。片面のポケットの外側には、更に6つのサイズの異なる小さなポケットが付いています。ペンや名刺、電卓、携帯電話などを入れるのに便利です。

全幅のポケットには小さめのノートPC(13インチ MacBook Airなど)やタブレット端末(iPadなど)を収納することができます。(※256には端末を保護するためのパッド加工はありません。)

中央のスペースには15インチまでのノートPCを収納することができます。

[257]

FILSON BRIEFCASE COMPUTER BAG 11070257

Otter Green

257は256に比べるとややポケットが多い作りになっています。

全幅のポケットが3つ、うち1つはノートPCやタブレット端末用に耐衝撃用のパッド加工が施されています。

256にも付いている6つの小さなポケットに加えて、その反対側には比較的大きめなポケットが3つ付いています。

 

比較評価

256の内部はシンプルで、ビジネスなどで普段使いする上で必要最低限のポケットを備えているといった印象です。

257では6つのポケットの反対側に3つのポケットが付いていますが、中に物を入れると中央のスペースを狭めるので、人によっては気になるかもしれません。その分、257は256よりもマチ幅が広くなっており、収納力は高くなっています。

 

 

選び方:どういう使い方に適しているか

どちらのバッグもFILSONらしく、丈夫で撥水性があります。シンプルかつ洗練されたデザインで、スーツでもカジュアル服装でも使いやすい優れたブリーフケースです。

結局のところどちらを選ぶべきかについては、自分の使い方に適しているかどうかで判断すると良いと思います。

 

256はこんな方におすすめ

  • 大きすぎず小さすぎず、適度な収納力を備えたバッグを探している方
  • 大きめのノートPCや充電器、周辺機器を合わせて持ち運ぶ必要が無い方(13インチ程度までのノートPCやタブレット端末であれば問題なく収納可能です)

256は使い勝手がよく、世界的にとても人気・評価が高いバッグです。普段から大きい物や重いものをたくさん持ち運ぶなどの特別なニーズが無いのであれば、多くの人にとってベストな選択と言えます。

  • Sale
    FILSON ORIGINAL BRIEFCASE 11070256
    FILSON ORIGINAL BRIEFCASE 11070256

    フィルソン オリジナルブリーフケース ORIGINAL BRIEFCASE 11070256

    フィルソン オリジナル ブリーフケースはFILSONのバッグで世界的に最も人気・評価の高い定番バッグです。素材にはFILSONの代名詞とも言える強靭で撥水性のあるラグドツイルと、ブライドルレザーを使用しており、長く使える至高の逸品です。 収納力、耐久性、デザイン性を高度に兼ね備えており、非常に完成度の高いバッグです。シンプルながらも洗練されたデザインはビジネスでもプライベートでも使いやすく、普段使いに最適です。
    ¥57,800 ¥47,800 税込
    4 5点満点

    【FILSONで人気No.1】丈夫な定番ブリーフケース

 

257はこんな方におすすめ

  • 重いものや、大きい物を日常的に持ち運ぶ必要がある方
  • 15インチクラスのノートPC(充電器や周辺機器なども合わせて)や、たくさんの資料が入ったバインダーなどを頻繁に持ち運ぶ方

マチ幅が広く収納力が高いので、ペットボトルやタンブラーを収納したり、脱いだ上着を収納するような使い方もできます。また、自立性が高いので、出先でバッグを置いて資料を確認したり緊急の電話の際にも便利です。

  • Sale
    FILSON BRIEFCASE COMPUTER BAG 11070257
    FILSON BRIEFCASE COMPUTER BAG 11070257

    フィルソン ブリーフケース コンピューターバッグ BRIEFCASE COMPUTER BAG 11070257

    FILSON(フィルソン)ならではの耐久性、撥水性とシンプルなデザインを兼ね備えており、品質の高さに定評のあるバッグです。ノートPCを保護する機構や底面の二重構造による耐久性の高さから、多くのビジネスマンに選ばれています。 マチ幅は15センチあり、十分な収納力があります。また、底面とバッグ全体の作りがしっかりしているので、床や地面に置いた時に自立します。出先で緊急の電話をしたり、資料や地図を確認するときに便利です。 一度手にすると、その品質の高さから他のビジネスバッグは探す必要が無いと言う人もいるくらい世界的に高い人気・評価のあるブリーフケースです。
    ¥62,800 ¥54,800 税込

    【人気No.4】高品質な定番ビジネスバッグ

 

ご覧いただきありがとうございました。この記事がブリーフケース選びに役立てば幸いです。